インターネット光回線をお探しですか?
インターネット光回線を利用するには光回線とプロバイダの契約が必要です。

実はこのプロバイダには最低利用期間というものがあります。
契約の縛りというものですね。

 

この縛りの期間のうちに解約すると解約金が請求されてしまいます。
なので、できることならこの契約の縛りが少ない、短いところがいいと考えますよね?

それではインターネット光回線の契約の縛りが少ないプロバイダについて解説します。

 

プロバイダって何?

そもそもなところで、プロバイダってなんのことかわからない。
なんでプロバイダが必要なのかわからないという人も少なくありません。

なので、まずはなぜインターネットを利用するのにプロバイダというものが必要なのかについて解説します。

 

 

プロバイダの役割はインターネットのIDやパスワードを管理してくれるものです。
なので、インターネットという世界中と繋がる道路の通行証明書みたいなものですね。

例えばテーマパークや映画館などに入るには入場券が必要ですよね?
あれと同じことです。

なので、インターネットを利用する上では絶対に必要なものなんです。

 

プロバイダの種類でどう違うのか?

プロバイダの会社というものは100社以上もあるので全て把握しきれないです。

 

100社ってめちゃくちゃ多いですよね。
ではプロバイダでどう違うのか気になるでしょう。

まずは第一にサービスが異なります。
プロバイダは色々とサポートをしてくれるところがあります。

例えば初めててパソコンでインターネットを利用したいと思っても、どうやって設定したらいいかわからないという方は多いです。
むしろ設定なんて必要なの?って思う方もいるくらいです。

 

 

そんな時に頼りになるのが訪問サービスです。

訪問サービスはその名の通り、あなたの自宅に訪問してくれて設定や操作方法などを教えてくれたりするサービスです。
これを初回だけ無料や、インターネット開通から1ヶ月間はなんか今でも無料というところまであります。
これがプロバイダの差でもあります。

 

 

また、プロバイダのサービスでは、インターネットを利用し他時に起こったトラブルや困りごとを相談してくれるところもあります。
例えば、インターネットのウェブサイトを閲覧して、クリックしただけで突然請求の画面が出てしまったら困りますよね。
ここでお金を支払ってしまったら負けです。

 

しかし、何も知らないとこのようなときに怖くなって支払ってしまう人も少なくありません。

こんな時にプロバイダに相談すればその対処法などを教えてもらえます。
本当に支払いが必要な場合とかがあるかもしれませんし、何も心配するようなことはないと、インターネットのプロが教えてくれますので安心できますよ。

このプロバイダへの相談は、このようなトラブルだけでなく、例えば好きなアーティストのコンサートチケットをインターネットで申し込む方法なども教えてくれます。

 

 

このようなことは電話で教えてもらえます。
このようなサービスを受けるには月額で支払い、1ヶ月に1回まで無料で2回目以降は料金の支払いがあるとこが多いですね。

これ以外にも、メールアドレスをもらえたり、ホームページのサーバーをもらえるなど様々なサービスが理、プロバイダによって数や容量などバラバラですね。

 

プロバイダでインターネット速度が異なる場合がある

インターネットの通信速度は、お住いの地域や建物の環境によって左右されてしまうので一概には言えませんが、プロバイダによって通信速度が遅くなるということがあります。

プロバイダの通信速度の遅さは体感的なこともありますが、実際にプロバイダの質があまりにも悪いと通信速度が遅くなってしまうことがあります。

 

プロバイダの契約縛りがないところは?

それではプロバイダの縛りがないところを紹介しますね。

この縛りというのは最低利用期間のことです。
最低利用期間のないところでは、解約金が発生しません。

 

 

なのでいつでも解約できるというのが強みです。

プロバイダの縛りがないところは、エキサイト光やen光など複数あります。

もちろんこれにはメリットやデメリットがあります。

 

プロバイダの縛りがないメリット

プロバイダの縛りがないメリットは、やはり解約金がないことです。
縛りがあるものは最低利用期間があるので、その間に解約してしまうと解約金が発生します。

 

また、契約は自動更新されるので最低利用期間を過ぎても更新月に解約しないと自動的にまた最低利用期間が設けられてしまいます。
例えば、最低利用期間が3年の場合、3年利用して更新月に解約すれば解約金がかかりませんが、更新月を過ぎると自動更新でまた3年間の最低利用期間ができます。
この場合、4年利用して解約した場合は解約金が発生してしまうということですね。

再び解約する時に解約金が発生しないのは6年目の最後になります。

 

この時に解約しないとさらに3年の最低利用期間がありますので、今後光回線を乗り換える時は思わぬ出費になりますので注意が必要です。

 

また、3年以内に引越しを考えている場合などで光回線を解約することを考えている場合でもこの契約期間の縛りがなくて解約期間のないインターネット光回線は強いメリットになります。

総じてメリットを言えば、解約の時に解約金がかからないことですね。

 

プロバイダの契約縛りがないデメリット

プロバイダの契約期間の縛りがないメリットは解約金がないことでした。
ではデメリットはなんなのか気になるところですね。
デメリットを先に知っておけば後悔がなくなります。

 

 

プロバイダの契約期間の縛りがないデメリットは、割引がないことです。
具体的に言いますと、お使いのキャリアスマートフォンとセットにすることで割引になるプロバイダがあります。

 

細かく言いますと、実質的にはプロバイダというよりはプロバイダ一体型のインターネット光回線のプランです。
フレッツ光の光コラボがこれに当たります。

 

 

フレッツ光の光コラボは、NTTフレッツ光がインターネット回線をプロバイダなどの様々な通信業者に卸売りしているものです。

例えばBIGLOBEにはビッグローブ光、So-netにはSo-net光、@niftyには@nifty光があります。

最低利用期間の契約縛りがないexciteにもexcite光があります。

 

 

このようなプロバイダ一定型のインターネット回線はにスマートフォンとセットにすることで割引になるところがあるということです。

例えば、docomoのスマートフォンをお使いの方はドコモ光を利用してセットにすることで割引を受けられます。
SoftBankのスマートフォンをお使いの方はソフトバンク光にすることで割引を受けられます。
auのスマートフォンをお使いの方は、ビッグローブ光、So-net光、@nifty光のフレッツ光の光コラボ、auひかり、メガエッグ光やeo光などの地方限定のインターネット光回線とセットにすることで割引を受けられます。

 

これらには最低利用期間という契約の縛りがありますが、スマートフォンとセットすることその分月々の支払いが安くなるということです。

最低利用期間の契約の縛りのなプロバイダの場合は、スマートフォンとセットで大きな割引になるところはありません。

なので、お使いのスマートフォンとインターネットの光回線の料金を両方を支払うことを考えると、総額での支払いが多くなってしまうのがデメリットとなります。

 

 

契約の縛りがないプロバイダの注意点

最低利用期間のないプロバイダでインターネット光回線を利用していると、解約金がないというメリットがありますね。

 

なので、いつでも解約してもいいと考えてしまうかもしれませんがこれには注意があります。

それは工事費のことです。

インターネット光回線を自宅で利用する時は工事をしなくてはいけません。
これは必ずです。

 

この工事には30,000円前後の費用があります。
結構な高額ですよね?

 

なので、光回線を契約する際に各プロバイダの規約を確認することが大切です。

ただし、契約年数の縛りがあるからと言ってそのプロバイダが悪いということにもなりません。それ以外の総合的なメリットが選ぶ際の重要なポイントです。光回線のプロバイダ別のおすすめが載っているサイトなどを参考にするがベストです。

光回線は金額がそれだけ見えにくいので総合的に捉えないと逆に損するということは、あります。

 

この工事費を最初に一括で支払うこともできますが、多くの人は分割で支払います。
工事費を分割払いをしている期間に解約する場合は、残りの工事費を一括で支払わないといけません。

 

なので思わぬ出費になってしまいますね。

 

 

プロバイダの契約縛りがないところは利用するべき?

プロバイダの契約縛りがないところのメリットとデメリット、そして注意点を解説しました。

 

今は利用しようと考えているか、やめようか考えているか、もう少し比べてみようかお考えでしょう。

なので、どのような人が契約の縛りがないプロバイダを選べがいいかについて解説しますね。

 

近いうちに引越しを考えている人

現在住んでいるところから2年以内の引越しを考えている場合は、最低利用期間のなく解約金がないところがおすすめです。
解約する場合は工事費の分割払いの残りを払う必要があるのですが、これはどのプロバイダを利用しても同じことです。

 

なので、引っ越す時の支払いを少しでも抑えるのなら契約期間の縛りがないプロバイダを選んだ方がいいということになりますね。

 

格安SIMを利用している人

スマートフォンをdocomoやau、SoftBankを利用している人はインターネット光回線とセットにすることで大幅な割引があるプロバイダがあります。
この場合、最低利用期間があるのでいつでも解約できるものではないですが月額料金が大幅に下がります。

なので、最低利用期間の契約の縛りがないところの方を選んでしまうと解約金の支払いがないというよりも月々の支払いが多くなるので損をしてしまいます。

 

しかし、格安SIMを利用している場合はセットで割引になるところは非常に少ないです。
BIGLOBEモバイルならビッグローブ光、OCNモバイルONEならOCN光にすれば割引になるというところがありますが、LINEモバイルやUQモバイルなど有名な格安SIMでもインターネット光回線とセットで安くなるというところはありません。

 

なので、最低利用期間の契約の縛りがないところを選べば突然の解約などで解約金を支払う必要がないのでお得です。

 

 

まとめ

光回線の契約縛りが少ないプロバイダはについてメリットやデメリットを解説しましたがいかがでしたでしょうか?

あなたの状況などに合わせてしっかりと比較して後悔のないように選ぶことがおすすめです。